fbpx

新しいことを始める前に、あなたがやるべきたった1つのこと

メルマガバックナンバー
この記事は約6分で読めます。

新しい年や新しい期、
新しい環境になると、
なぜだかモチベーションが
わいてきて、

 

何でも挑戦したい
気持ちに駆られます。

新しいことを
始めたくなります。

 

『よっしゃー!
今年こそは
●●をやるぞ!』

『今の私なら
▲▲できそう!』

『ここでは、
■■と◆◆と□□を
始めよう!』

こんな感じで。

 

そして
意気揚々と
スタートするのですが、

 

モチベーションも
長くは続かないので、
たいてい途中で挫折します。

 

これは
いろいろ要因が
あるのですが、

 

その中の一つとして、

「何でもやろうとしてしまう」

ということが
挙げられます。

 

自分のキャパシティを超えて、
物事をやろうとするから、

『ああ、あれもしなきゃ
これもしなきゃ!
でも、しんどい・・・』

となってしまうのです。

 

 

両手で持てる
1箱の段ボールに
物をいっぱい詰めた状態を
イメージしてもらうと
分かりやすいのですが、

 

本来は、
1~2箱しか段ボールを
持てないのに、

 

モチベーションで
5箱も10箱も段ボールを
持とうとするのです。

 

1~2箱でも
長く持ちながら
移動するのは
しんどいのに、

 

5箱も10箱も
持っていたら
そりゃ長くは
続きませんよね。

 

これを解決するには
3つの方法があります。

 

1つ目は、

「自分の筋力(能力)を
UPさせること」

 

自分の筋力(能力)を
高めていけば、

 

1~2箱しか
持てなかったのが
3箱、4箱、5箱と
増えていきます。

 

筋力(能力)が
高まっているので、
長く持ち続けることも
楽になってきます。

 

しかし、これは
ドーピングでもしない限り
一朝一夕では実現しません。

 

楽々と段ボールを
持ち上げるために
必要な筋力(能力)を
身につけるには

 

どうしても
長い時間を
必要としてしまいます。

 

 

解決策の2つ目は、

「回数を分けて分散させる」

です。

 

5箱の段ボールを
運びたいけど、
今は2箱しか持てない
ということであれば、

 

まず最初に
2箱運んでいき、

戻って2箱運んで、
また戻って1箱運べば

合計5箱を運ぶことが
できます。

 

しかし、
これでは
5箱を運ぶまでに
だいぶ時間を
要してしまいます。

 

2.5往復分の
時間がかかってしまい、

 

段ボールを運び
終えるまでには
日が暮れてしまいます。

 

『一応、段ボールは
運び終わったけど
これだけしか
やってないや』

と、あなたは
つぶやくのです。

 

 

最後の3つ目は、

「今の筋力(能力)にあわせて
一番運びたいものだけを運ぶ」

です。

 

今の筋力(能力)では、
どう頑張っても
2箱しか運べない。

 

その中で
最大の成果を
出すためには

 

『今の自分の筋力(能力)で
何をいちばん運びたいか?』

と問いを立てるのです。

 

それは
新しい荷物かもしれませんし、
古い荷物かもしれません。

 

「新しい荷物」とは、
これから新たに
挑戦したいこと、
始めたいことです。

 

「古い荷物」とは、
今まで毎日のように
やってきた習慣だったり、
何となく持っているものです。

 

あなたが目指している
ゴール、目標を
達成するために、

 

限られた荷物しか
持てないようであれば、
何を持っていくでしょうか?

 

新しい荷物を運ぶためには
古い荷物を捨てる必要も
でてきます。

 

両方一緒に
持っていくことは
できません。

 

できたとしても、
必ずあなたの
足枷になります。

 

前に進みたいけど、
荷物が重いから
なかなか前に
進めないのです。

 

 

新年や新しい期、
新しい環境になって
いろいろ挑戦したい
新しく始めたい気持ちは
とても分かります。

 

ただ、
あれもこれもと
なってしまうと、

 

最終的には
スタート地点から
100m進んだだけに
なってしまいます。

 

周りは、
10kmも20kmも
前にいるのに。

(人によっては
50km、100km先に
いることも・・・)

 

そうならないためにも、
まずは「持っていかない荷物」ならぬ
【やめることリスト】を
作ることが先決です。

 

あなたがもし、
新しい挑戦に燃えているのであれば
まずは「やめることを決める」ことを
オススメします。

 

そうすれば、
さらにあなたは加速していき、
夢、ゴール、目標の達成に
近づいていきます。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━
<平土井からの問いかけ>

あなたは、ゴール・目標を達成するために、
どんなことをやめると良いと思いますか?

━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

==============================

限られた時間の中でやることを
達成するには「やめること」を
明確にする必要がある。

田中和彦
(人材コンサルタント。
リクルートにて、
転職情報誌『週刊ビーイング』
『就職ジャーナル』など4誌の
編集長を歴任)

==============================

新しいことをやる前に
今、目の前にある無駄をやめることです。
そうしなければ、新しいことなど
できるはずがありません。

松本晃
(元カルビー会長兼CEO)

==============================

やめてしまっても問題ないことはもちろん、
明日や週末でもいいことや、
誰かに頼めることも、
あなたが今日やらなければならない
ことではありません。

そして、やらなくてもいいことは
キッパリやめることです。

藤井孝一
(コンサルタント。「週末起業」の著者)

==============================

手っ取り早く、効果的に生産性を
向上させる方法は、何を行うべきかを
明らかにすることである。

そして、行う必要のない仕事を
やめることである。

ピーター・ドラッカー
(米国の経営学者。
マネジメント研究の第一人者)

==============================

メルマガ【ビジタマ!】登録フォーム
365日毎日朝8時配信の無料メルマガに登録しませんか?
【日刊】ビジネスマン、起業家、個人事業主のための タイムマネジメント&目標達成能力アップを 研究・実践するメルマガ【ビジタマ!】
この記事の著者
平土井 俊

Time Creations代表。
プロコーチ。

のべ850名以上の目標の実現、時間の使い方の改善、キャリアアップや独立支援をサポート(総セッション時間は1000時間を突破)。

電子書籍「仕事も人生もすべてが思い通りになるタイムマネジメントノート®️」「今日から超・行動体質に生まれ変わる あなたを動かすタスクの作り方 目標達成のためのタイニー・タスクマネジメント」の著者。

平土井 俊をフォローする
メルマガバックナンバー
平土井 俊をフォローする

コメント